悪徳業者の手口

悪徳な金融業者なんかに自分はひっかからない…多くがそう思っている事でしょう。しかし、トラブルなどによって急に必要になって正しい判断が出来なくなってしまう事が往々にしてあります。ですから騙されないようにするために悪徳業者の手口を知っておくことが大切です。

 

 

まず、悪徳業者が設定している利息は高いということ。いわゆる「トイチ」というやつでなんと10日で1割もの利息がつきます。そもそも金利ついて最初に言わずに貸してきて、法外な金利であるということに気付かないこともあります。

 

 

また日利や週利、月利などという表現をして混乱させる事もあります。金利というのは本来年利で提示しなければなりません。計算して年20%以上なら違法ですから確認するようにしましょう。

 

 

このような業者は夕刊に広告を出している事が多いです。悪徳ではない金融業者も載っていますが、その中で悪徳なものを見分ける方法があります。

 

 

それは「都(1)」と書いてある業者です。これは東京都知事免許の貸金業者免許番号で、免許を取得してから一度も更新されていないものです。電話だけで振り込み可能と書いておきながら店舗への来店を要求され、そして来店したら色んなやり口で騙しにかかります。

 

 

他にもダイレクトメールが送られてくることがありますが、「ブラックOK、無職でも借りられる」といったようなことがかかれている業者には絶対手を出してはいけません。まともな業者がこんな広告を出すことは絶対にありません。

 

 

また、多重債務者を狙った悪徳業者もいます。多重債務者は悪徳業者などに流通している名簿に載っている事が多く、狙って連絡をしてきます。融資をすると偽って審査料金や保証料金を奪い取るというケースが多いようです。

 

 

中には有名な大手消費者金融と似たような名前を使っていることもあります。焦って冷静さを失うとこのような悪徳業者につけこまれてしまいます。悪徳業者にかかわれば状況は更に悪くなるばかりです。関わらないように注意しましょう。