違法業者には要注意!

消費者金融業者には大手から全く名の知れない小さな所まで実にたくさんあります。しかしその中には法律を守らない違法な貸付を行う業者もあります。このような業者には引っかからないように注意せねばなりません。

 

 

そのような業者のいでたちといえば、いかにも怖そうな堅気では無さそうな人を思い浮かべることでしょう。しかし、最近では普通のサラリーマンと変わらないような格好をしていることも多いです。言葉遣いは丁寧で、物腰も柔らかいので違法業者とは思わないかもしれません。

 

 

しかし違法行為とはどんなことなのでしょうか?まず貸金業は国や都道府県から営業の許可を受ける必要がありますが、これを守らない業者の事を指します。そして利息制限法や貸金業法などの法律を守っていない業者もアウトです。

 

 

違法業者のほとんどが特に厳しい審査は無く、簡単にお金を貸してくれますが、そのかわり法律で決められている利息よりも遥かに高い利息を設定しています。また、貸金業法では年収の3分の1までしか借り入れ出来ないのですが、お構いなしにどんどん貸付をします。

 

 

それによって返済が出来なくなってしまい、何もかも失ってしまうこともあります。最初は優しく親身になって相談を聞いてくれたりしますが、そのうちむちゃくちゃな取立てをはじめるというのがやり口ですから絶対に違法なやり方の消費者金融を利用するのはやめましょう。