消費者金融からの勧誘について

消費者金融から勧誘の電話やダイレクトメールが届いた事はありませんか?お金を借りる必要などは全く無く、利用しようと思っていなければこのような勧誘はとにかく煩わしいですよね。このような勧誘はどこかで個人情報が漏れてしまい、業者の名簿に載ってしまっている可能性が高いです。

 

 

しつこい勧誘をしてくるような消費者金融は中堅以下ののところがほとんどですし、そもそもそのような名簿を持っているだけでも怪しいものです。そのような名簿に載ってしまった場合、そこから名前を削除するのはほぼ無理だと考えてください。

 

 

ですからなんとかして対抗していくしかありません。そのためにはいろいろ知識をつけていくことが大切です。消費者金融をはじめとした業者の勧誘というのは特定商取引法の範囲で行われなければなりません。

 

 

例えば勧誘する際には事業社名・サービス名・勧誘している本人の氏名を伝えなければなりません。また、紹介するものについて詳しく伝えなければなりません。そして勧誘を受けている側が契約するつもりは無い、勧誘はやめて欲しいと伝えればそれ以上の勧誘行為はしてはいけないことになっています。

 

 

ですからきっぱりと断る、という事が大切なのです。あいまいに断るのではなく、つけこまれないように注意して対応しましょう。それでも勧誘がしつこい場合は警察に通報すると伝えましょう。ここでほとんどは収まるはずですが、それでも止めない場合は本当に通報してください。